寝不足や夜更かしはお肌の大敵!規則正しい生活習慣を心掛けましょう

ニキビの原因はホルモンバランスの乱れ

ニキビの原因は皮脂の過剰分泌や肌のターンオーバーの乱れ、毛穴の詰まりなどがあげられますが、その根本的な要因となっているのがホルモンバランスの乱れです。皮脂の過剰分泌や肌のターンオーバーの乱れは、ホルモンバランスが乱れることによって起こるからです。では、何によってホルモンバランスが乱されるのかというと、生活習慣の乱れがあげられます。寝不足は、就寝中に生成される成長ホルモンやホルモン調整に影響を与え、適切な肌のターンオーバーが行われなくなってしまいます。肌の生まれ変わりがスムーズでないと、アクネ菌を活性化させたり炎症を助長して、ニキビをさらに悪化させてしまうことになるのです。そのため、ニキビを治すためには、規則正しい生活習慣が大切だとされています。

質の良い睡眠を心掛ける

仕事や学校が忙しく、早寝早起きという規則正しい生活習慣をするのは難しいこともあるでしょう。そんな時は、質の良い睡眠を心掛けるだけでもOKです。午後10時から午前2時の肌のゴールデンタイムと呼ばれる時間に熟睡しているのがベストですが、午前0時までに就寝するようにし、ぐっすり眠れるように工夫をするとよいでしょう。お気に入りのアロマを焚いてすぐに入眠できるようにしたり、神経を高ぶらせないように就寝前にスマホを使わないようにするなどです。成長ホルモンは、熟睡中に活発に生成されるという特徴があるため、深い眠りに落ちることが重要です。リラックスできる音楽を聴いたり、体がポカポカするジンジャーティーを飲むなど、自分なりの熟睡方法を探してみましょう。