洗いすぎは厳禁!?適切な洗顔でお肌を清潔に保ちましょう!

ニキビの主な原因とは?

多くの人はニキビの原因を、毛穴の汚れや皮脂の過剰分泌だと認識していますよね。確かに、皮脂が毛穴に詰まってしまうことで炎症を起こし、ニキビの原因となってしまうことがあります。そして、それを防ぐために何度も何度も洗顔するといったケアをしていないでしょうか?実は、皮脂や汚れが毛穴に留まらないようにと洗いすぎてしまうこともニキビの原因のひとつなのです。洗いすぎてしまうことで、肌のバリア機能が低下し、水分や油分が蒸発してしまうため、肌は潤いを取り戻そうとしてさらに皮脂を分泌してしまいます。また、水分や油分が失われて乾燥してしまった肌は、毛穴も細くなってしまうので、詰まりやすい状態になっています。肌のバリア機能が下がっている状態で皮脂分泌が過剰になるので、ニキビを作ったり、悪化させる原因となってしまうのです。

ニキビに効果的な洗顔の仕方

間違った洗顔で洗い過ぎることがニキビの原因となってしまうことがありますが、正しい洗顔をきちんとすれば、ニキビを防ぐことができます。ポイントは優しい洗顔をするということです。まず、洗顔前に手を洗っておきましょう。その後、ぬるま湯で顔をすすぎます。熱すぎると乾燥の原因となりますので、毛穴がひらく程度の温度にしてください。そして、よく泡立てた洗顔料を泡を潰さないように優しく顔にのせます。泡立てネットを使うとモコモコの泡が作れますよ。泡が潰れないように意識して洗うことで、力の入れすぎが防げます。しっかり洗えたら、ぬるま湯ですすぎ残しがないようにしっかり洗い流しましょう。タオルで拭く際もゴシゴシこすらずに、押し当てるようにすると肌に負担がかかりません。洗顔の後は、保湿ケアをしっかり行うこともポイントです。