ビタミンB群がおすすめ!ニキビに利く栄養素を積極的に取り入れよう!

食生活でニキビを改善

ニキビができてしまったら、スキンケアに気を遣うと同時に、ニキビに効く栄養素を積極的に摂取するのがおすすめです。では、ニキビに効く栄養素にはどのようなものがあるかというと、肌の新陳代謝を促し健康な肌へと導いてくれるビタミンB群、抗酸化作用があり皮膚の免疫や再生に不可欠なビタミンCがあげられます。また、発酵食品も肌荒れを改善する作用があります。ニキビが気になり始めたら、これらの栄養素を毎日の食事に取り入れ、体の中からケアするとよいでしょう。食事からとるのが難しい場合は、サプリメントに頼ることもできます。ビタミンB群やビタミンC、コラーゲンなど、肌に良い成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。

避けたほうが良い食べ物

ニキビを改善するために、肌に良い栄養素を積極的に摂取しても、ニキビの原因となる食べ物を大量に摂取しては意味がありません。ニキビを改善するために避けたほうが良い食べ物には、スナック菓子やスイーツ、揚げ物などがあげられます。油の多い食べ物は、皮脂の過剰分泌を促し、ニキビを悪化させる可能性があります。甘いスイーツも、過剰分泌や肌の炎症を引き起こす要因です。ニキビが気になるときは、控えるのが賢明です。また、カフェインは直接的にニキビを引き起こす原因にはならないものの、過剰に摂取すると不眠症や精神の乱れを引き起こし、ホルモンバランスを乱す恐れがあります。コーヒーや紅茶、緑茶なども控えたほうがよいでしょう。